• トップ /
  • 金融庁の変化が起業にも影響

起業と金融庁の関係

金融庁の変化が起業にも影響

本来の金融の見かたは成長性

最近、銀行員の考え方が変わったといいます。どう変わったのでしょうか。地域の情報を収集して、融資に反映するようになったといいいます。これには、中小企業の健全な育成をめざす金融庁の指導の方針が変わったことが影響しています。一時金融機関は、起業にあたって連帯保証人を付けさせるか、信用保証協会の保証が付かなければ融資しなかった時期がありました。これでは金融はまわっていくことはできません。起業をめざす人には、このような変化は歓迎すべきですが、融資を受ける人もより成長性を裏付ける魅力のある事業計画書を作成しアピールする能力を伸ばしていく必要があります。地域に密着した事業を手掛ける強みを明らかにして融資ができるような裏付けをしっかり持つことが大切です。

金融庁の規制の内容について

起業を考えている実業家の間では、金融庁の規制の内容について、活発な意見のやり取りが行われることがあります。特に、高額な資金を確保することによって、安定した経営を進めることができるケースがあるため、いざという時に備えて、専門性の高いプロからアドバイスを受けることが良いでしょう。また、起業のために必要な資金の相場については、多くの若者にとって、すぐに把握をすることが難しいことが分かっています。そこで、セミナーや説明会などのチャンスを活用することで、誰しも役立つ知識を身に着けることができるといわれています。

↑PAGE TOP