総合サポートのビル管理会社

ビル管理会社での点検管理などを紹介します

ビル内の必要な工事も任せられるビル管理会社

消防法による消防設備点検も効率的に

笑顔で人がビル内の空間で過ごせるように空間を管理をしている、真面目で心あるビル管理会社です。子供も大人も年齢層などは関係なく、心地よい空間で集まりたくなるような場所であるよう、管理を怠ることはありません。消防設備点検もきちんと行っており、年に2回は必ず消防用設備の点検を行います。一通りの検査を行ったらそれで終了ではなく、消防署長や消防長への報告も忘れません。総合点検は年間で1回は義務ですし、機能点検は年に2回行うように消防法により、消防設備点検は決められていることです。点検を行うスタッフは定期的に会議を開催して、点検方法を効率的にすることも話し合いをしています。豊富な経験を積み重ねていますし、ノウハウは創業以来55年も積み重ねてきたものがありますから、任せるにしても安心です。

安心して水が使えるよう水質検査も

様々な管理が必要となるのがビルですが、総合的にサポートしてくれるビル管理会社ならば安心です。たくさんの企業や入るビルもあれば、そこで働く人の数も多く、頻繁に使う水に関しても管理を怠ることがありません。特定建築物の延床が3000m²以上である場合は、年に2回半年以内ごとに検査が必要です。16の項目をクリアする必要がありますが、最初の検査が適合なら次の時には11項目の検査になります。法律の中にも建物の衛生的環境の確保の決まりごとはあるため、ビル管理法の水質検査は必ず必要です。誰もが水を安心して使用できるよう、水質検査は行われます。蛇口をひねり水が出てくるまでには、いくつもの工程があります。消毒で塩素も使いますし、トリハロメタンが発生をしないとも限りません。安全面と衛生面での不安を無くして、一定の基準が設けられているので、検査で確認をすることで安心して水の使用ができます。

最新設備工事のリニューアルで入居率もアップ

ビル管理会社では必要に応じての工事にも対応をしていますので、設備改修工事なども行っています。定期的な専門設備の点検は得意分野であり、それにより早期発見をして適切な工事をすることが可能です。早い段階で修繕作業などができれば、それだけ設備を良い状態で維持をしやすくなります。またテナント入居前には、機能的に事務所を利用できるように、最適なレイアウトも提案をしてもらえます。テナントが退去をした後には、原状回復の工事も行いますので、最新設備も取り入れての工事も可能です。リニューアル工事も行うことができるので、背悦日を最新式にリニューアルをすることができます。ビルの付加価値は設備が新しくなることで向上をするため、入居率を高めるためにも効果的な方法です。エネルギーモニター設置をしたり、照明をLEDにしたりと、省エネ対策となる提案と工事も行っています。

人気記事ランキング